ケイティパイパーのお金がないを比較!

お金が必要な時には銀行カードローンとクレジットカード現金化を比較しよう

お金が足りないと判明してもすぐに現金を用意できないならば、不要な物を売却するか借りる必要があります。

 

しかし、カードローン利用時には返済日迄に金利に応じた利息が発生するので、即日審査ができるからといって消費者金融へ手を出すことは躊躇われます。

 

では、お金を調達する方法を選ぶ際には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

 

カードローン審査を受けるなら銀行カードローンが適している理由

 

カードローン利用により無担保ローン借入を行うならば、銀行カードローンが適しています。

 

なぜなら、銀行カードローンは銀行法に基づき融資業務を行っているので、貸金業法で定められた総利用規制の影響を受けずに審査次第では年収の1/3を超える融資を受けることも可能だからです。

 

カードローン審査を受けた時に、銀行カードローンについては即日審査が廃止されているので、翌日以降に審査結果が判明することになります。

 

このため、即日現金調達をしなければならない場合には、そもそも銀行カードローンは選択肢に入らないわけです。

 

しかし、銀行カードローンの金利設定は、大半が年率15%以下となっているので消費者金融よりも遥かに低い金利で融資を受けられるメリットがあります。

 

消費者金融の高金利では多重債務者となるリスクが高い

 

消費者金融のカードローンを利用すると、利息制限法で定められた上限金利である金額に応じた15%〜20%の金利に近い利率が適用されるので、すぐに返済が厳しくなり返済を複数の消費者金融で回す多重債務者となりやすいです。

 

消費者金融には最短即日審査が可能というメリットはあるものの、同様に即日現金を手に入れることはクレジットカード現金化でも可能となっており、消費者金融を利用しなければならない理由とはなりません。

 

翌日まで審査結果を待てるだけの猶予があるならば、高金利の消費者金融を利用せずに低金利な銀行カードローンが適しているわけです。

 

クレジットカード現金化サービスなら低金利で返済できる

 

クレジットカード現金化を利用すると、返済時に低金利が適用される理由として、ショッピング枠の金利設定はキャッシング枠とは異なり半額以下となる数%に設定されていることが多いからです。

 

クレジットカードのショッピング枠は、繰り返しショッピング利用を行うことにより加盟店からカード決済手数料を得られるからこそクレジットカード会社は分割払い金利を低くしても利益が出ます。

 

クレジットカード現金化業者を利用すると、手数料と税金により15%〜20%の控除額が発生するものの、返済期間が長ければ金利差により消費者金融やキャッシング枠利用時よりも総返済額が少なくなるケースも多いです。

 

クレジットカード現金化業者は、審査不要で利用できることから、当日中に何としても現金を確保したい人に向いています。

 

緊急の現金調達と長期的な現金調達は別に考えよう

 

お金がどうしても必要な時には、緊急で現金調達する際はスピード重視で選択しなければなりません。

 

消費者金融とクレジットカード現金化ならば、どちらも最短即日で現金入手が可能です。

 

審査落ちと返済不能リスクを考えれば、クレジットカード現金化による低金利返済を選ぶことが有利となることも多くなります。

 

一方、長期的な現金調達を選択するならば、銀行カードローンや目的別ローンといった選択肢が現実的です。

 

なぜなら、長期的な返済を行う場合ほど低金利であることが有利となるからです。

 

銀行カードローンは元々消費者金融よりも金利が低く、目的別ローンならば更に低金利融資を期待できます。

 

返済計画をしっかり準備した上で借入を行えば、返済不能に陥るリスクを減らせるわけです。

 

お金を調達する方法は、いつまでにいくら必要になるのかといった期限を考慮した上で複数の選択肢から選ぶことが理想です。

 

消費者金融とクレジットカード現金化は即日資金調達ができる方法として注目され、銀行カードローンとクレジットカード現金化は長期的な返済計画を立てた上での利用に適しています。

 

審査が必要となるカードローンでは、審査落ちリスクが常につきまとうので審査に不安がある状態ならば、最初から審査不要で現金化できるクレジットカード現金化業者を利用した資金調達を行うと良いです。

 

クレジットカード現金化業者選びをしっかり行えば、いざという時にお金を確保する方法として有力です。